信じる人、信じない人

占い、皆さんが良く知っている星座占いは、共通の話題作りとしてはいいと思います。
だれもが自分の星座くらいは知っているし、そこからまたネタが広がるので、その分話が弾むし、色々な人の共通項として無難な話題とも言えます。
運勢やその人の性格がすべてそれらの占星術で語り尽くすことができる訳ではないけれど、それなりに根拠があったり、当たっている面ガあったりもします。
占いを信じる人は女性が多く、まったく信じない人は男性に多いです。

神秘的なことや科学などで証明できないことに男性はあまり価値を置かない傾向にありますから、それも頷ける話ですが、多少は占いの話題なども知っておくと、女性に親しみを持たれるかもしれません。
女性には占いフリークや何か神聖で、神秘的なものに惹かれる傾向があります。
最近のスピリチュアルブームもその現れかと思いますし、もともと巫女など、女性が神とつながりをもったり、また新しい生命を生み出すことができるという点で、女性は占いのメンタリティに近いものがあるのです。

男性からみると混沌としていて、なおかつ存在自体が謎めいている女性、そして理由の分からないもの、説明がつかないものに関してもおおらかに受け止めることができる女性というものが占いに傾倒するのはそれなりに理由があるとおもいます。
だれでも自分のこれからの運勢などを知りたいですが、実際には分からない事が多いです。

それでも何かを信じることや頼りにするものがあれば、今を頑張ることができるし、運も良くなるかもしれない、そんなことを考えて女性はパワースポット巡りをしてきたり、占いの診断結果を信じたり、風水に凝ったりします。
それで気分的に上向けばそれでもいいですし、本当に運を掴んで帰って来ることもあります。
まずはそのような行動を起こすことが幸せの一歩と感じているのでしょう。
現代は世の中が複雑化していて、それだけ世の中を渡っていくことに困難を感じることもありますが、だからこそ、そういった人知の及ばないところ、霊的なパワーで自分の人生を上向かせたりすることが必要なのかもしれません。
行動して、どんどんよりよい運気をもち、それを幸運に繋げていくことができるのなら、占いやそうしたスピリチュアルなことを信じるのもいいことでしょう。
男性からは占いなどは、時間とお金のムダ、とばっさりと斬られることもありますが、それでも信じるものは救われることがあるのも事実です。

なんでも自分の気持ちの持ちようですから、占いを上手に利用してみましょう。
Copyright (C)2017占いは信じますか?〜信じたくなる神秘の話〜.All rights reserved.