誰かに相談したい時には

恋愛、結婚は若い人にとっては、非常に重要なことだと思います。
最近は仕事の悩み、将来の悩みを相談する人も多くはなっていますが、相変わらず若い女性を中心に、将来の配偶者選びに悩むのは今も昔も変わらないのです。

昔は、女性が結婚し、専業主婦になることはほぼ当たり前でしたが、現在では仕事に邁進する女性も増え、女性のかわりに家庭を守る、主夫も増えてきたこともあり、人の生き方という面においては多様化しています。
その反面、経済や景気の低迷もあって、より保守的でスタンダードな考え方、昔ながらの主婦として生きたい若い女性が急増し、需要と供給のバランスが取れなくなっていることが指摘されています。
女性は専業主婦になりたいのに、それだけの生活を支える年収レベルにある適齢期の男性が少なく、将来へのプレッシャーから、実際には男性のほうは女性に共働きして欲しいと望んでいるので、お互いの将来像にギャップがあるのです。

お付き合いを続けるうちに、結婚となるのが自然の流れだと思いますが、実際条件や将来の生活レベルなどを考えると、ある程度お互いに妥協しなければならない部分もでてきます。
しかし、本当にこれでいいのかどうか、若くて経験が浅い人だったら、悩んでしまうことも考えられます。
また両親は、自分のことを思ってアドバイスしてくれていると分かっていても、自分の気持ちとは折り合わなかったり、好きな人との結婚を両親に反対されている、お見合いを紹介されていて断りずらいなど結婚に関しては悩みはつきものです。

どんなに周囲の人があなたにアドバイスしているとしても、結局は決定するのはあなたですから、その分、自分だけの判断では心配になることもあります。
まだ客観性をもっているうちに相手のことを見極められればいいのですが、恋愛中は、どうしても相手のことを美化しがちです。

結婚してからこんな筈ではなかった、と悩むケースも多いです。

だたし、昔に比べて結婚に失敗したとしてもそうとがめられることはないですし、シングルマザー、シングルファーザーとして立派に子育てをして、子供を得るために結婚、そして離婚という考えもなきにしもあらずです。

色々な生き方が肯定されるようになったとしても、それぞれのシチュエーションで悩みがでてくることは当然あり得ますから、そのようなときは相手の人との相性とともに、自分の将来像や結婚したあとの事を占ってもらうのもいいし、経験豊富な占い師に、客観的なアドバイスを貰うのもおすすめです。

両親や自分と相手との関係を反対されている場合は、悩み自体を相談できないこともありますから、まったく因果関係のない占い師の人に相談にのってもらう事で、気分が落ち着き、また自分の気持ちを整理することにも繋がるのではないでしょうか。
Copyright (C)2017占いは信じますか?〜信じたくなる神秘の話〜.All rights reserved.